講師プロフィール

正井礼子(まさい れいこ) さん

ウィメンズネット・こうべ代表
川西市・三木市女性センターの女性問題相談員

1992年に、市民グループ「ウィメンズネット・こうべ」を発足させ、女性の人権を守り、男女平等社会の実現に向けて、地域でさまざまな活動をおこなう。
1994年、女性が本音で話せて元気になれる場として「女たちの家」開設する。(震災で失う)震災直後、「女性支援ネットワーク」をたちあげ、物資の配布や「女性のための電話相談」を開設(95年3月)、「女性支援連続セミナー」など被災女性の支援を行う。
1996年3月に「神戸・沖縄 女たちの思いをつないで」〜私たちは性暴力を許さない!
集会を神戸で開催し、女性250名が参加し、被災地における女性への性暴力に抗議した。
震災で女性問題が浮き彫りとなり、男性中心の社会システムを変えるには女性の政治参画が必要だと痛感し、1996年「女性を議会へ バックアップスクール」を仲間と立ち上げ、その動きは各地に広がった。
震災以降は主に「女性に対する暴力」の根絶、特にDV被害者支援に力を注ぎ、DV被害者サポートラインの開設やサポータ―の育成を行い、被害者への付き添い支援など先駆的な取組みを行っている。女性の人権トレーナーとして、学校や自治体職員の研修など行っている。

このウインドウを閉じる