事業報告

平成14年度

オープニングフェスタ ジェフリーセミナー 子育て「ほっと My Time」
講演会
子育て「ほっと My Time」
参加体験型学習
ジェフリーシネマ
オープニングフェスタ
日時・会場 平成14年8月2日(金)〜8月4日(日) ジェフリーすずか
テーマ 「み・つ・け・て〜ジェフリーすずか から〜」
内容

このフェスタは、公募の市民実行委員28名と行政によって企画運営され、 センター前ポケットパークでの鈴鹿太鼓演奏を皮切りに基調講演や数々のワークショップ・講座が開催されました。 地元商店街協力のスタンプラリーもあり、3日間を通して延べ630人の方がセンターを訪れました。

基調講演の様子*基調講演
 「男女共同参画センターに求められるもの」
   〜21世紀のパートナーシップとは〜

ワークショップの様子*ワークショップ・講演
 「介護保険トーク&ライブ」
 「CAP大人セミナー」
 「CAP子どもワークショップ」
 「男らしさからの解放〜メンズリブって何?」
 「夫婦の財産と相続を考える」
 「ジェフリーすずかのジェフリーって何?」
 「私のライフデザイン・・・仕事とのかかわり」
 「守られていますか くらしでの男女平等」

*参加型イベント
 「みんなで作ろう〜おれにまかせろ わしにまかせろ わたしにまかせて」
 「誰でもクッキング」
   (1) 昔ながらの手作りおやつ
   (2) Kids’(キッズ)・きっちん
   (3) ぷちイ文化コミュニケーション

*鑑賞
 映画「老親」
 夢とファンタジーの世界「ブラックライトシアター」

交流スペースの様子*展示など
 「アフガニスタン写真展」
 「市民団体・グループ活動紹介」
 「市内福祉施設の作品、展示販売」
 「何でも相談」
   (1) 子育て・女性のからだ
   (2) 職業生活と家庭生活の両立
 「パネル展示・・・鈴鹿市の取り組み 他」
 「ジェンダーチェック、メディアリテラシーチェック」

*お楽しみイベント
 「スタンプラリー」
 「バルーンアート」
 「腹話術」

▲ このページのトップへ

ジェフリーセミナー
日時・会場 平成14年10月26日(土)・11月2日(土)・11月9日(土)・11月16日(土)・11月30日(土)
ジェフリーすずかホール・研修室1
講師

テーマ
「自分を見つめる」講演の様子
金香百合さんによる講演の様子

「ジェンダーってなんだ」
  坂倉 加代子 さん (NPO法人四日市こどものまち理事)
「自分を見つめる」(市民講座)
  金 香百合 さん (HEALホリスティック教育実践研究所所長)
「法律の中の女性」
  松川 正毅 さん (大阪大学大学院教授)
「メディアが伝えるジェンダーとは?」
  野崎 清 さん (放送と女性ネットワークin関西世話人)
「私の人生、あなたの人生」
  岡 久美子 さん (シニアライフ研究所りあもでんな代表)

内容

「男女共同参画社会」という言葉は、1999年の「男女共同参画社会基本法」制定後、 行政用語としては定着しつつも地域社会の中ではまだまだ認識されていないのが現実です。
グループワークの様子「ジェフリーセミナー」は、男女共同参画社会実現のための拠点施設としてオープンした、ジェフリーすずかでの初めての主催事業です。
ジェフリーセミナーには40名の方が、また公開講座の市民講座には80名の方が参加されました。

▲ このページのトップへ

子育て「ほっと My Time」講演会
日時・会場 平成15年2月4日(火) ジェフリーすずかホール
講師 北村年子 さん (ルポライター・自己尊重トレーニングトレーナー)
テーマ 「おかあさんだってほめられたい!」
内容

講演の様子「子育ては母親の仕事」・・・まだまだ根強いジェンダー意識に追い詰められるお母さんがいます。子育て中のお母さんを中心に130名の方が参加されました。託児保育にも60名の申込みがあり、子育て中のお母さんのニーズの大きさを感じさせられました。まずはお母さん自身の自尊感情(セルフエスティーム)を高めることが大切という北村さんのお話に、会場のあちこちで涙をぬぐうお母さんの姿が見られました。

講師の北村さんは、子ども・女性・ジェンダーなどのテーマをはじめ、野宿者、被災者、婚外子の問題など「社会的弱者」の視点から、取材・執筆活動を続けています。一方で、思春期電話相談員、若者向けラジオ番組のDJなどを経て、現在、ワークショップを中心にした講座の講師、自己尊重トレーニングトレーナーとしても活躍中の方です。

【ジェフリーすずかにある講師の著書】
「人と人をつなぐ情報誌/るーぷる」「ホームレス襲撃事件“弱者いじめ”の連鎖を断つ」「少女宣言」「10代の言い分〜性の自立を求めて」

▲ このページのトップへ

子育て「ほっと My Time」参加体験型学習
日時・会場 水曜午前コース / 平成15年2月19日・2月26日・3月5日
土曜午後コース / 平成15年3月1日・3月8日・3月15日
ジェフリーすずかホール
講師 志治優美 さん(エンパワメントみえ代表)
テーマ 「自分の力を信じて」
内容

ワークショップの様子急激な社会構造の変化を背景に、出生率の低下による少子化が進行しており、安心して子どもを生み育てられる環境の整備が重要課題となっています。核家族・親の若年化など家庭や地域における子育て機能の低下や、まだまだ根強く残る“子育ては母親の役目”というジェンダー意識の中で、子育てに悩む母親の孤立化が進んでいます。母親自身が自分を認め、自分を好きになり、自信を持って楽しく子育てできるように、また親だけでなく地域の子育て力を高めることを目的にこの講演会とセミナーを開始しました。

1回目「自分を大切に」
2回目「親子コミュニケーション」
3回目「自分の力を信じて」

3回の連続講座では、ワークショップを重ねながら自分自身を見つめなおし、自分の本当の気持ちを大切にし、その気持ちをアイ(I=私)メッセージとして伝えることで、子どもとの、また相手とのよりよい関係を築いていくことを体験しました。連続講座ということで、受講生同士の新しい仲間関係ができたのもうれしいことです。
各コース、30名の方が受講されました。

▲ このページのトップへ

ジェフリーシネマ
日時・会場 平成15年3月28日(金) 19:00〜20:40 ジェフリーすずかホール
タイトル 「アカシアの道」
内容

ポスター(クリックすると拡大画像を別ウインドウで表示します)すべての人がいきいきと自分らしい生き方ができる男女共同参画社会を考えるとき、介護は切り離せない問題です。この映画は、厳しい母との確執に苦しみ、独立してキャリアウーマンとして働いてきた娘が、「アルツハイマー症」になった母の元に戻り介護を通じて〈母と娘〉の関係を再生していく物語です。

「家族」のあり方が社会問題になっている昨今、「家族」と自分の絆について見つめなおしてみませんか?

▲ このページのトップへ

〒513-0801 三重県鈴鹿市神戸二丁目15番18号(かんべ再開発ビル3F)

TEL 059-381-3113 FAX 059-381-3119 E-mail danjokyodosankaku@city.suzuka.lg.jp

鈴鹿市地域振興部男女共同参画課(男女共同参画センター) All rights reserved.